ガーデニングに最適!人気のアウトドアウエア


こんにちは、ハウス工藤園芸スタッフ須藤明美です。ガーデニングの服装で、いらしたお客様と色違いだったことがあり、「ガーデニングにはアウトドアウエアがいいですよね」との話になり、「汚れや雨にも強くて、丈夫ですね」などと、すっかり意気投合したことがありました。今回は、着てみてわかったアウトドアウエアのよさについて、「アウトドアウエアの特徴」、「アウトドアウェア帽子」、「アウトドアウェアジャケット」、「ゴルフウェア」、「スポーツウェア」をお伝えします。


ガーデニングにアウトドアウエアをおすすめする5つの理由


「アウトドア」と聞くと、キャンプや、登山など、「レジャー」としてのイメージがあります。アウトドア用品は、実際には「過酷な環境にも耐えうる素材やデザイン」で、「機能面が素晴らしい」ものばかりです。人間の運動力学や科学技術の研究の中から生まれて進化し続けてきたもので、もはや、ファッションとは気軽に言えないものなのかもしれません。


最近では、その機能だけでなく、おしゃれなデザインのものが増え、「日常の街着」としてや、「スポーツ用」、「ガーデニング用」として、手に取りやすく、一般的になっています。登山やトレッキングなどをしないのでわからなかったその品質の良さは、着てみて初めて驚くことばかりです。


①撥水性の素材が雨に強い

雨や水を強くはじいてくれる撥水性が素晴らしく、防水効果も高く、しみてきません。


②防風、防寒に優れています

風を通さず、熱を逃さない保温性にすぐれ、体温の低下から守ります。


③透湿発散性、通気性に優れています

内部の湿度を外に出す透湿性が優れ、蒸れにも強く、湿気や汗がすぐに乾きます。


④動きやすさ、無駄のないデザイン

無駄なゆとりがなく、すっきりとしたシルエットで、動きやすいデザインです。


⑤軽くて丈夫

過酷な自然環境で活用するために作られたものなので、非常に丈夫で、一度用意すると長く使えます。




アウトドアウェア帽子

天気のよい外で作業するガーデニングでは、UV対策や日焼け防止が大切で、欠かせないのが帽子です。帽子売り場には、たくさんのデザインの帽子が並んでいて、選ぶのもとても楽しいです。何を重点にするかで、皆さまそれぞれお選びになっていることと思います。


今までさまざまな帽子をかぶった中で、「アウトドアウエアの帽子」は、とても機能面に優れていました。素材が、「雨にも強く、汚れにも強いこと」がメリットです。夢中になって作業をしていると、ちょっとの雨の時もついつい区切りがつくまで、続けてしまうもの。アウトドア用の帽子は、「撥水加工が素晴らしく」、雨が降っているときには、まるで「小さな傘」をかぶっているかのようです。しかも「すぐ乾き、汚れも付きにくく」、メッシュの部分もあるので蒸れもありませんでした。


アウトドアウェアジャケット

外の作業では上着はとても大切です。寒くてもつらいものですし、だからといって、寒さ対策で厚着をするのも動きにくいものです。園芸店に勤めてから、今までさまざまなものを着た中で「アウトドアウェアのジャケット」が最も撥水加工が素晴らしく、「雨にとても強く、汚れにも強く」、「多少の雨でも全く染み込まない」ことに驚いています。しかも「丈夫なので長く着られる」こと。デザインも機能的で、全体のデザインや、袖なども、無駄なゆとりがないので、ダブつかず、すっきりとしていて、「動きやすい」ところも優れている点です。



ゴルフウェア

UV対策と動きやすさを兼ね備えたウェアで、寒さ対策に、暑さ対策にもそれぞれの商品があり、工夫があるゴルフウェアもよかったです。「通気性」も考えられた素材を細部に工夫をして作られたデザインは、着てみて初めて分かる良さでした。私は夏用の黒のシャツを持っていますが、わきの部分がメッシュで、ハイネックの首元にあたる裏地の部分が綿素材を使っていて心地よく、黒だけれど夏の炎天下でも涼しいのです。



スポーツウェア

スポーツ用のアンダーウエアで、「暑さ対策」と「UV対策」として、ハイネックで長袖のものがあります。動きやすさのうえに、暑さ対策で考慮された「高い吸湿速乾性の素材」でできており、「通気性」がよく、涼しく感じられます。毎日外に出てガーデニングをするには、紫外線を90%除去する機能もありがたいです。「草かぶれ」や、「虫刺され」なども防止する意味で、肌は衣類で守るとよいです。






「ガーデニングウェアはアウトドアウエアがぴったり」の記事はいかがでしたか?私は、ガーデニングの際に着る服は、汚れるので消耗品として、使い捨てするように、次から次へと変えて楽しんでいた時期がありました。いろいろ試した結果、「アウトドアウェア」がとても丈夫で、機能も整っていて、着れば着るほどその良さがわかってきました。


ある日花苗コーナーで作業をしていた時、スタッフに「雨が降ってきたから中に入ろう?」と声をかけられて初めて雨に気づきました。帽子やジャケットの撥水の効果で雨に気がつかず驚きました。外にいる時間が長い分、着るものでも楽しめたら、ますますガーデニングがうれしい時間になりそうです。

103回の閲覧

​ハウス工藤園芸


〒041-1112
北海道亀田郡七飯町鳴川4丁目217番3号(地図
営業時間:9:00~17:00

​定休日:無休